機会

chancetop
パラダイムシフトした現在では今までのようなマスメディア中心のコミュニケーション戦略では課題は解決できません。
生活者の購買行動はますます細分化すると共に多様化し、一方でより複雑化するメディアに対応した適切な分析を行なうことで最適なコンタクトポイントを見つけだし、そのメディアや機会を連動させ組み合わせることで効果的なコミュニケーション戦略を組み立てることが可能となるのです。
また、コミュニケーションの考え方として生活者と企業との関係性は一過性ではありませんので一回限りの「点」発想ではなくどのように継続的な繋がりを持つのかという俯瞰的な「線」発想で考えていく必要があります。